ニキビケアには保湿ケアが欠かせない!正しいニキビケア方法とは

何度も同じ場所にできる大人ニキビは、思春期ニキビとは異なり原因もさまざまです。特に、乾燥肌が原因となっているケースが多く、保湿することが悩みを解消するための近道であるともいえます。繰り返しできるニキビへの正しいケア方法を見ていきましょう。

洗顔前の行動も大切!ぬるま湯で下準備

正しいクレンジングと洗顔方法で肌を洗いましょう。まず、洗顔前に肌を濡らすときには、水ではなくぬるま湯を使用して皮脂を浮かせ、優しく丁寧に洗います。

クレンジング剤には、洗浄成分である界面活性剤が配合されているものが多いです。洗浄力が強いと、肌のバリア機能に負担がかかり、肌が無防備な状態になってしまう可能性があります。クレンジングや洗顔は60秒を目安位にして、スムーズに終わらせましょう。

クレンジングは優しく丁寧に行う

洗顔の際には、指の力を抜いて摩擦が生じることを防ぎます。肌が刺激を受けると、水分を保持できなくなり乾燥するため、ニキビができる原因になるためです。優しく丁寧に洗っているつもりでも、顔の皮膚は非常に薄いため、多少の摩擦でも負担がかかります。

クレンジング剤でメイクを落とす際には、手のひらに多めにとること、洗顔料は濃密な泡を作ることが大切です。濃密な洗顔泡を作る際には、少しのぬるま湯で泡立てることで素早くきれいな泡を作れます。肌を擦らないように指先の力加減を常に意識しましょう。

保湿ケアで乾燥とニキビを予防する

肌の乾燥を防いでニキビ予防、改善を目指すためには、洗顔のほかに保湿ケアも重要です。特に、化粧水を使用した保湿は、美容液や乳液の成分を肌に浸透させるために大切なステップとなります。正しいケアを行い、角質層まで美容成分を届けましょう。

洗顔後に付着した水分は、時間の経過とともにすぐに蒸発してしまうため、可能な限り早く化粧水で肌を整える必要があります。すぐに肌ケアをすることが難しい場合、スプレーの化粧水を常備しておくと、焦らずに保湿ケアを行えるでしょう。

ハンドプレスで保湿成分を浸透させる

化粧水を馴染ませる際には手のひらでハンドプレスをすることで、ニキビのある肌に刺激を与えにくくなります。また、手のひらの温度で肌を柔らかくすることで成分の浸透効率も良くなります。肌に刺激となるため、パッティングをしないように注意しましょう。

保湿成分を重ね付けをすることは有効な方法です。ただし、肌の水分許容量は決まっており、多量の美容成分を塗布すれば高い効果が期待できるわけではありません。重ね塗りをする際の刺激や摩擦で肌にダメージを与え、ニキビの悪化につながることもあります。

まとめ

ニキビの悩みを解消するために、刺激と肌への摩擦を可能な限り抑えたケアを行うことが重要です。加えて、肌を清潔にして保湿するなど、正しいニキビケアのポイントを押さえてケアをしましょう。

Menu -メニュー-