小顔になるためには食事も大切?マッサージと食事のテクニック

小顔になるとスタイルも良く見えることから、多くの女性が憧れるものです。生まれつきの骨格も重要ですが、顔の脂肪、筋肉などのケアをすることによって小顔効果を得られる可能性もあります。そこで、小顔になるために重要な食生活や運動について紹介します。

小顔になるためには食生活を見直そう

小顔になるためには、体内から美容ケアをしようという意思がなければ難しいといえます。人の身体は、十分な栄養を摂取することによって代謝が促されるためです。小顔になりたいと考えている人は、顔と身体のベースとなる食生活から見直す必要があります。

従って、栄養バランスの整った食事を心がけることが大切です。特に、タンパク質、野菜とフルーツ、豆や海藻類が挙げられます。タンパク質として肉や卵、魚介類、エイジングケアとしてビタミンや野菜、フルーツなどを摂取しましょう。

水分や食事の時間も意識しよう

どれほど食事のバランスを整えても、食事を摂る時間が乱れていると効果が期待できません。1日3食、しっかり噛んで食べる、食べすぎないことや過度な食事制限をしないことも大切です。さらに、夜の時間帯には炭水化物を摂取しすぎないようにしましょう。

また、人の身体は6割が水分で生成されています。水分を摂取することで代謝が良くなり、老廃物の排出が促進され、むくみが解消される効果が期待できるのです。ただし、大量に水分を摂取すると水分方によって顔がむくむ原因になるため注意しましょう。

顔のエクササイズでむくみを解消しよう

表情筋のエクササイズでは、筋肉を強くするのではなく柔らかく動く筋肉を増やすことを重視します。まず、小顔になるためにポイントとなる顎や口周りの引き締めに効果が期待できるエクササイズから行いましょう。口で「お」と発音し、10秒維持します。

フェイスラインを引き締める運動も大切です。指でアゴを挟んで、耳の下まで引き上げるようにしてなぞる動きを、左右同時に行います。首のラインは、首を伸ばして唇をしっかり閉じたり緩めたりを繰り返す方法で鍛えましょう。

身体の歪みと小顔ケアには関連性がある

顔の歪みは、むくみにつながるだけではなく、顔が膨張して見えてしまう原因になります。また、身体の歪みは肩から首、顔にかけて影響を与える可能性があるのです。そのため、全身鏡を使用し、歪んでいないかを定期的にチェックしましょう。

身体や顔の歪みを改善する方法として、ストレッチや有酸素運動を行い、左右同時に身体を動かす方法が有効です。有酸素運動をする際には、適したウェアなどを使用して怪我をしないように注意しましょう。

まとめ

小顔を目指す人にとって、顔のむくみやたるみは大敵です。たるみの解消が期待できるエクササイズなども取り入れることがポイントとなります。また、食生活の見直しを行い、身体の中からきれいになることも意識しましょう。

Menu -メニュー-